カンジタはどのように発症する?

カンジタは早めに治そう

カンジタは早めに治そう カンジタというのは、妊娠した際の検査でも行われるものですが、 免疫力が落ちてしまっている時になりやすい傾向があります。
症状としては主にかゆみや、おりものがでるといったことが挙げられていますが、パートナーも同時になっているケースが多いため、どちらかが感染している際には、二人で一緒に治すというスタンスの方が良いでしょう。
女性の場合は、カンジタ用の膣剤を使用して治療を行います。
男性の場合は塗り薬を使います。
痒みが出ていない場合でも、感染しているケースもありますし、妊婦健診の際に発覚するということもあります。
婦人科や性病のクリニックでは、検査をすればすぐにわかりますので、不安な方は検査をされてみると良いでしょう。
1週間程度で完治するのですが、サプリメントを常用している方は、特になりやすいという傾向もありますので要注意です。
強いかゆみがでてしまうこともありますので、その際には女性は膣剤だけではなく、塗り薬を塗って対応していくこともあります。
まずは、気になったら専門クリニックを受診して、診察をしてみることをおすすめします。
保険は適用となりますので、費用はあまりばらつきがありませんが、口コミ評判の良いクリニックを探してみると良いでしょう。

カンジタの通院について

カンジタは自力では治せませんし、市販薬でも完治というわけにはいきません。
市販薬では、一時的にかゆみを鎮めることはできても、すぐにぶり返し、いつまでもスッキリしない状態が続きます。
やはり通院で治療を行う方が、確実にカンジタ(真菌)を殺菌することができます。
通院では、まず現在カンジタにかかっているかを検査することから始まります。
医師によっては、おりものを見ただけである程度判断がつくようです。
検査は女性の場合、膣内の分泌物を少量採取し、培養地にセットして繁殖状態を確認します。
この場合、検査結果は後日になります。
カンジタに感染しているのであれば、一般的には膣内で増えすぎた菌を洗い流すために、膣洗浄を行います。
専用の器具を使って、膣内を洗います。
器具挿入に痛みが無ければ、膣洗浄中は全く痛みがありません。
また、洗った後に、膣内に錠剤を入れて治療します。
錠剤を入れてから、落ちないようにタンポンを入れて帰るのが普通です。
医師の指示に従って、数時間後に自宅でタンポンを取ります。
錠剤の処方もありますが、自分で膣錠剤を入れることができない人は、程度によっては毎日、または週に1〜2回通院し、同様の処置を繰り返します。
また、外陰部に強いかゆみがある場合は塗り薬も処方されます。
通院では、検査した後に処置を繰り返し行い、良くなった頃にもう一度培養検査を行い、菌が出なければ完治となります。

カンジタの治療に関しての情報はこちら

今日からできるデリケートゾーンの病気のケア方法をドクターが解説!

カンジタ

「カンジタ 通院」
に関連するツイート
Twitter

@homa16g 私も実はずーっとカンジタ治らなくて困ってる。笑 通院しても繰り返し発症してクセみたいになってる…。 免疫力強くしないとダメだね(-_-) 皮膚ガンじゃないことを祈るけど、2週間も先まで経過観察だと辛いよね…。

Twitter shiho_yokoyama 横山 志穂 - 4時間前

リツイート 返信

耳の中に生えたカビは検査の結果、カンジタというものらしい。耳掃除しすぎるとカビ生えることあるとか。しばらく週一回通院だなー。

Twitter ko_ute トラッキー@7/17アプガ対バン大阪 - 7月9日 10時51分

リツイート 返信