カンジタはどのように発症する?

カンジタは食べ物で予防と改善ができる

カンジタは食べ物で予防と改善ができる 病気になってしまうと薬を飲まなくては治ることがないと思ってしまいがちです。
しかしカンジタは、食べ物からでも改善と予防ができるのです。
カンジタになってしまう原因は、疲れや栄養不足、睡眠不足などによる免疫力の低下によって、原因菌が繁殖しやすい環境になってしまうことです。
原因となっている菌はもともと人間の身体に住み着いているもののため、完全な殺菌は出来ません。
そのために有効なのが、免疫力を上げて原因菌の繁殖がしにくい環境を作ることです。
そのために出来る簡単なことは、食事の内容を変えることにあります。
特に女性は無理なダイエットで食事制限を行うことも多く、それが原因で必要な栄養素を含む食べ物を摂取できていない可能性があります。
ダイエットも必要かもしれませんが、免疫力が落ちるとカンジタだけではなく他の病気にも感染しやすくなってしまいます。
栄養バランスの取れた食事を摂取することで、健康にもダイエットにも効果がみられるのではないでしょうか。

唇に発症する口腔カンジタ症

カンジタ症は性器に発症することが多いですが、唇や口の中にも症状が出ることがあります。
この症状は口腔カンジタ症で、抵抗力が弱まっている時に発症することが多いです。
唇に発症する口腔カンジタ症の原因は真菌です。
真菌はカビの一種で、健康な人でも微量の真菌は口腔内に生息していますが、抵抗力が弱まると口腔内で真菌が大量に繁殖して口腔カンジタ症を発症します。
主な症状としては、唇の内側が白くなり、部分的に出血することがあります。
痛みを伴うこともあり、唇だけでなく舌も痛くなります。
舌に痛みが発生する場合は、舌に違和感を感じ、味覚がおかしくなることもあります。
この病気の治療法は、塗り薬や飲み薬の抗真菌薬がありますので、薬物療法で治療します。
この病気は子供も発症することがありますが、子供の場合はシロップ剤が最適で、シロップ剤でうがいをして治療を行います。
症状がひどい場合は、口腔外科や歯科医院で治療をしてもらえます。